月別アーカイブ: 2016年10月

できないこと

美容外科では、美容に関して手術を行うことができます。しかし、できないこともあるのです。プチ整形の手術の場合は、そんなに詳細な検査を必要としないのですが、大きな手術となると詳細な検査が必要となってきます。体が手術に耐えることができるのかしっかりと検査を行わなければならないのです。その結果、異常が見られた場合は手術をすることができなくなります。そのため、美容外科で手術を受けたいと思った時には、そのできない状態を改善しなければなりません。例えば、心電図の異常、血液検査の異常等です。その場合は、もちろん命が大事ですのでその治療の方が先決です。

また本人が望んでいても、そのことを医療の立場から危険と判断をした場合は、手術や処置ができないことがあります。例えば、極端な脂肪吸引などです。その場合も、安全でないと判断をします。

他にも、外見的に美容整形を行いたいという時に、機能的な障害がある場合は形成外科を受診することになります。形成外科は、機能的に障害のある美容面を手術しています。そのため、病気を克服したあとに形成する手術については、形成外科を受診することになります。例えば、乳がんの乳房再建術や、口唇裂などの治療があります。